写真集


あやめ牧場の牛舎
 あやめ牧場です。ちなみに、ここが私の実家でもあります。あっ、牧場と言っても馬とかじゃなくて、下の写真を見てもわかるよう乳牛だけです。まぁ牛以外の写真も何枚かありますが・・・。
畑(笑)
 近くの畑で撮った写真です。さすがは北海道ですって感じかな?(笑)牧場の周りはだいたいこんな感じで畑ばっかりです。
生まれてたての牛
 生まれて数時間後の子牛です。私は子牛よりも親牛の顔の方が、かわいく感じます。なぜでしょうか?(爆)
牛???
 牛のドアップ写真です。あぶなくカメラをなめられるところでした(笑)。え?牛に見えないって、じゃあ、何に見える? ちなみに、私は、この写真を気に入っています・・・。
子牛
 さて、独房に入れられた子牛です。みなさんは、このサイズの牛がかわいく思えるのかなぁ?確かにかわいいんですが、手を近づけると、舐めるのではなく、吸い付いてきます(爆)。きっと、牛乳がほしいんでしょうね。
野良猫?
 ・・・あやめ牧場に住み着いてるネズミ駆除専用猫達のみなさんです(これで全部じゃありません)。農家の多くは、このような猫を必ずと言っていいほど飼っています。もし、猫がいないとそこら中ネズミだらけになるためです。そのため、基本的に餌はあまりあげません。だから、飼ってるとは言わないのかもしれませんね。
牛VS??(爆)
 ・・・イノシシと牛がどつきあってます(爆)。どこから沸いたのか、突然現れてびっくり仰天。もちろん、あやめ牧場訪れたイノシシはこれが始めてて最後です。ちなみに、この写真はあやめ牧場の主が撮影。このとき、私は大学の居たので、イノシシを生で見れませんでした。
角切り前
 ここから下の写真は、関連性があります。それは、牛のつのきりです。乳牛といえども角が生えてきて、これが結構危険な代物です。そのため、ある時期に、この角を切り落とすことをします。これは、角切りを直前の若牛です。小さな角があるのがわかりますね。
角切り後
 これは角を切った後の写真です。確かに上の写真にあった角が無いですね。ちなみに、角を切ると結構な出欠を伴うので、切り口を焼きます。あと、もちろんのことですが、切る前には麻酔を打ちます。打たないと・・・(汗。
道具
 これは、角を切るときに使う道具です。上の二つが切り取る道具。その下が、焼くための道具です。赤いのは変圧器です。ちなみに、最近では、生まれて1週間以内に角の生えてくる部分の皮膚を焼くのが一般的です。角は骨ではなく、皮膚の一部です。
この写真の著作権はあやめ♪にあります。許可なく使用することを禁止します。もちろん、写真に直にリンクを貼ることも禁止します。使用したい人は事前に連絡をしてください。(使う人なんているのかなぁ・・・)