目次

はじめに

導入から入室まで

基本操作

操作 - チャット

操作 - お絵かき

操作 - ファイル操作

操作 - 音声チャット

操作 - TRPG機能

各種設定

その他



導入から入室まで

導入

まずは準備

炬燵はJavaアプリケーションです。そのため、Javaのランタイムがインストールされている必要があります。

Javaのバージョンは5.0以降が必要です。

Javaのダウンロード&インストールは、SunMicrosystemsのホームページで行えます。

ダウンロード

ダウンロード

炬燵本体は、こちらからダウンロードできます

ダウンロード

起動

炬燵を利用するには、POS2Client.exeをダブルクリックします。

起動方法

注意:炬燵の起動にはJavaが必要です。インストールされていない方は導入を参照し、ダウンロード&インストールしてください。

(環境によっては「.exe」が表示されず、「POS2Client」とだけ表示されることがあります。)

接続案内

炬燵を起動すると、本体とともに、以下のような接続Windowが表示されます。

接続タブ

真ん中の部分には、現在公開&運営されているサーバ(以下、部屋と言います)の一覧が表示されます。 下の部分には、開発状況やお知らせなどが表示されます。

「部屋名」:入室したい部屋の名前やアドレスなどを入力する場所です。

「名前」:チャットで使用する名前です。(日本語も使えます。最大20文字)

「基本情報」:付随情報として表示されるメッセージのようなものです。

部屋に入室してみる

まずは、名前の部分に(デフォルトで「Unknown」となっています)、チャットで使用する名前を入力します。 その後、部屋一覧から、入室したい部屋を選びます。選ぶと自動で「部屋名」に選択した部屋の名前が入力されます。

部屋名と名前が入力されると「入室」ボタンを押すことができる状態になります。 「入室」ボタンを押すと、入室処理が開始されます。

部屋によってはパスワードを必要とする部屋があり、入室処理中にパスワード入力を求められますので、 正しいパスワードを入力してください。何度か間違ったり、入力をキャンセルすると、入室自体がキャンセルされます

入室


TOPへ



炬燵制作委員会(笑)
Copyright H.Ayame - 2008