目次

はじめに

導入から入室まで

基本操作

操作 - チャット

操作 - お絵かき

操作 - ファイル操作

操作 - 音声チャット

操作 - TRPG機能

各種設定

その他



お絵かき

ツールバーの説明

ツールバーには、以下の「描画ツールバー」と「アクションツールバー」の2種類があります。

描画ツールバー説明

アクションツールバー説明

絵を描いてみよう

線を描いてみる

線を描くにはツールバーの[ペン]を選択し、ホワイトボード上でドラッグすることで線が描かれます。

ペン説明

消してみる

ツールバーの[消しゴム]を選択し、ホワイトボード上でドラッグすることでドラッグした周辺が消されていきます。

消しゴム説明

色を変えてみる

ツールバーのカラーパレットをクリックすると、クリックした色が現在の色になります。現在の色は RGBA調整でドラッグすることで細かい調整ができます。さらに詳細な設定を行いたい場合は現在の色で右クリックすると 別途、色調整ダイアログが開きます。

現在の色から、パレットへ右ドラッグすることで、現在の色をドラッグしたパレットへコピーできます。

色設定

隠し機能として、現在の色でダブルクリックをすると・・・

線の太さをを変えてみる

線幅調整部をドラッグすることで、線の幅を変更できます。右端よりもさらに右にドラッグすると最大で255まで設定することができます。 下の矢印をクリックすると、線幅選択ダイアログが表示されるので、そこから選択することでも設定可能です。

消しゴムについても同様に設定可能です。

線幅調整

レイヤーを変えてみる

炬燵のホワイトボードは以下のようなレイヤー構造になっています。このうち、「レイヤー1」「レイヤー2」「背景」に対して 描き込むことが可能です。

レイヤ構造

描き込むレイヤーは、ツールバーのレイヤー選択部で選択できます。さらに、目のマークの部分をクリックすると対応するレイヤーの 表示・非表示を切り替えられます。(右クリックでもできます)

レイヤ選択

四角を描いてみる

四角を描くにはツールバーの[四角]を選択します。連続で[四角]ボタンを押すと、塗りつぶしのON/OFFができます。描き方としてはマウスの左ボタンを押した場所を始点とし、ドラッグします。最後に左ボタンを離した位置を終点として、始点と終点を対角線とする四角が仮描画されます。 四角の形が決まったら、次に角度を決めます。そのままカーソルを動かすと四角が回転するので、ここと思う位置でクリックするとホワイトボードへ描き込まれます。

四角を描く

追加機能として、Shiftキーを押しながら四角のサイズを決めると正方形になります。さらに角度調整時にもShiftキーを押すと、45度刻みに角度が固定されます。

円を描いてみる

円を描くにはツールバーの[円]を選択します。連続で[円]ボタンを押すと、塗りつぶしのON/OFFができます。描き方としてはマウスの左ボタンを押した場所を中心点とし、ドラッグします。最後に左ボタンを離した位置を終点として、中心点と終点を半径とする円が仮描画されます。 円の形が決まったら、次に角度を決めます。そのままカーソルを動かすと円が回転するので、ここと思う位置でクリックするとホワイトボードへ描き込まれます。

円を描く

追加機能として、Shiftキーを押しながら円のサイズを決めると真円になります。角度調整時にShiftキーを押すと、45度刻みに角度が固定されます。 なお、Shiftキーを押して円を描いた場合、角度調整は省略されます(回転させても意味がないため)

文字を描いてみる

ホワイトボードに文字を描くにはツールバーの[ABC]を選択します。選択すると、文字装飾用のツールバーが別途表示されます。 描き方としては、ドラッグして文字を入力した範囲を決めると、範囲に収まるように文字入力ダイアログが表示されますので、そのまま書きたい文字を入力します。 文字のサイズや色を変えたい場合は、変えたい文字を選択し、文字修飾ツールバーで操作します。 最後に、ツールバーの「決定」を押すと、ホワイトボードへ描き込まれます。

文字を描く

なお、文字入力中に、ホワイトボードの別の場所をクリックすると、書き込みが決定されますのでご注意ください。

塗りつぶしをしてみる

塗りつぶしを行うにはツールバーの[塗りつぶし]を選択します。炬燵の塗りつぶしは通常のペイントツールと異なり、塗りつぶす最大量を設定することができます。 これは、複数の人によって描かれる場において、誤ってホワイトボード全体を塗りつぶしてしまうことを防ぐための機能です。

塗りつぶし設定

塗りつぶしは、ホワイトボード上でマウスボタンを押すと、その場所の色を基準に隣り合う同じ色を、指定の色で塗りつぶしていきます。 塗りつぶし処理中は、処理の進捗状況が表示されます。進捗が100%になると、塗りつぶし結果が一時表示されます。 このとき、予想外の場所まで塗りつぶされていた場合など、塗りつぶし結果に満足しない場合は、マウスの左ボタンを離す前に右ボタンをクリックすると、 塗りつぶしをキャンセルできます。(進捗が100%になる前に左ボタンを離すと100%になった直後に、即座に塗りつぶしが反映されます)

塗りつぶし

スムージング

炬燵のお絵かき機能では、描いた線や円などを綺麗に処理するスムージング(一般にはアンチエイリアスと呼ばれる)機能があります。 ツールバーの[スムージング]を押すことでON/OFFを切り替えられます。

スムージング

【ワンポイント】スムージングされて描かれた絵に対して、塗りつぶし処理に行うと、塗りつぶしの境界がはっきりしないため、綺麗に塗りつぶされないことがあります。 塗りつぶしを多用する場合には、スムージングをOFFにしておくと綺麗に塗りつぶしができます。(この場合、線のギザギザが気になるかもしれませんが・・・)

簡易マスク機能を使ってみよう

炬燵には、簡易的ながらもマスク機能があります。 マスク機能を使う場合は、ツールバーのマスク設定をOnにします。 クリックするたびに、MaskOFF → MaskON → 逆Mask → MaskOFF と切り替わります。

マスク色の部分をクリックすると、現在の色がマスク色として設定されます。(右クリックで別途設定可能) 逆マスクとは、指定の色以外を保護します。つまり、指定の色の箇所にのみ描き込めることになります。

簡易マスク機能

簡易マスク機能は、特定の1色に対してのみ機能するため、スムージングがONの場合、 描いた線の縁に中間色が発生し、うまくマスク機能が使えないことがあります。

簡易マスク機能とスムージング

サムネイル表示

メニューの「表示」-「サムネイル表示をする」にチェックを入れると、ホワイトボードのサムネイル表示が行えます。 (ショートカット Ctrl + S )

サムネイル表示

サムネイルは、定期的にホワイトボードの画像を取り込んで縮小表示しています。このため、更新頻度を高くすると重たくなることがあります。 (★サムネイルはTEST的な実装となっています)

画像を貼り付けてみよう

画像ファイルの貼り付け

デスクトップなどにある画像ファイルを、炬燵のホワイトボードへドラッグすることで、ホワイトボードへ 貼り付けることができます。扱える画像はJPEG、GIF、PNG、BMPです。(一部環境ではBMPが動作しません)

ファイルをドラッグ

ホワイトボードへドラッグすると、ホワイトボードに貼り付けようとしている画像が表示され、貼り付けモードになります。

ファイルをドラッグ

貼り付けモードで、貼り付けたい場所やサイズを決めてEnterキーを押すと、ホワイトボードへ貼り付けられます。 (通信環境によっては、貼り付けが完了するのに時間がかかることがあります)

[Enter]キー : 決定(貼り付けられます)
[ESC]キー   : キャンセル
ドラッグ    : 貼り付けたい位置に移動。枠をドラッグでサイズ変更
              (Shiftキーを押しながら枠をドラッグすると縦横比を固定できます)
ホイール    : 拡大・縮小

コピー

アクションツールバーの[範囲選択]ボタンをONにすると、範囲選択モードになります。 この状態でホワイトボードでクリック・ドラッグすると範囲選択を行えます。範囲選択枠自体をドラッグすることで、移動したり、枠のサイズを変えたりできます。

範囲選択

範囲を決めたあと、アクションツールバーの[コピー]ボタンを押すと、選択単位の画像をクリップボードへコピーします。 このとき、レイヤー構造は無視され一枚の画像データとなります。(範囲選択枠の設定で指定のレイヤーのみをコピーすることもできます。デフォルトではレイヤー1とレイヤー2が選択されています)

範囲選択メニュー

コピーされたデータはクリップボードにコピーされるため、他のアプリケーションでも使用することができます。

ペースト

アクションツールバーの[貼付]ボタンを押すと、クリップボード内の画像データが、ホワイトボードへ貼り付けられます。 貼り付けられた画像は、貼付モードになっているので、場所やサイズを決定後、[Enter]キーを押すことでホワイトボードへ完全に貼り付けられます。

[Enter]キー : 決定(貼り付けられます)
[ESC]キー   : キャンセル
ドラッグ    : 貼り付けたい位置に移動。枠をドラッグでサイズ変更
              (Shiftキーを押しながら枠をドラッグすると縦横比を固定できます)
ホイール    : 拡大・縮小

画面を取り込んで貼り付けみよう

炬燵には、パソコンの画面を取り込んで、ホワイトボードへ貼り付ける機能があります。 取り込み方には、1.パソコンの全画面を取り込む、2.画面の一部を選択して取り込む、の2種類があります。

メニューの「ホワイトボード」-「全画面キャプチャ」を選択すると、即座に画面を取り込み、現在アクティブなホワイトボードに対して貼付モードになります。

メニューの「ホワイトボード」-「範囲選択キャプチャ」を選択すると、範囲選択モードになりますので、取り込みたい範囲をドラッグして選択します。 選択が終わると、現在アクティブなホワイトボードに対して貼付モードになります。 なお、範囲選択モード中に、何かしらキーを押すか一定時間経過すると、範囲選択はキャンセルされます。

画面の取り込み

連続キャプチャで動画再生?

炬燵には、一定時間間隔で画面の指定範囲を取り込んでホワイトボードに表示する機能があります。 取り込み間隔を短くして動画を流したり、他のアプリケーションの動作を説明するのに利用することができます。

まずはメニューの「ホワイトボード」-「連続キャプチャー設定」を開き、取り込みたい範囲や時間間隔を設定します。 取り込み間隔を1秒以下にしたり、取り込む範囲を大きくしたりすると、取り込む側、再生される側の双方に負荷がかかります。

キャプチャー設定

設定が終われば、あとはメニューの「ホワイトボード」-「連続キャプチャ(一時貼り付け)」にチェックを入れるだけです。 停止は、チェックを外すだけです。

注意:仕様上、音声と画像は同期がとれません。(音の再生遅延時間を短くすると多少は改善しますが、完全に同期することはありません)

描いた絵を保存してみよう

まずは、保存したいホワイトボードを選択し、アクティブな状態にします。 その後、メニューの「ホワイトボード」-「ホワイトボードを保存」を選ぶと、保存先の指定ダイアログが表示されますので、 適宜、保存したい場所とファイル名、画像の種類を選び、「保存」を押すと保存されます。

画像の種類には「jpg」と「png」がありますが、綺麗に保存したいのであれば「png」をおすすめします。 「jpg」の方は圧縮率が高めなため、絵によっては綺麗に保存されないことがあります。(その分ファイルサイズは小さいですが)

なお、範囲選択を使用した状態で、メニューの「ホワイトボード」-「ホワイトボードの範囲選択部分を保存」を選ぶと、範囲選択している部分だけを保存することができます。

全て消してみよう(全消去)

ツールバーの[消去]ボタンを押すと、ホワイトボードに描かれている内容を消去することができます。

消去

消去には、以下の4通りがあり、ツールバーの[消去]は、[全消去]に相当し、駒が乗っている場合には駒の消去確認もされます。

[完全消去]       : ログも含めた完全な消去です。
[全消去(駒含む)] : ホワイトボードの内容と、その上に乗っている駒全てを消去します。
[全消去(駒除く)] : ホワイトボードの内容だけを消去します。
[レイヤー消去]   : 指定のレイヤーの内容のみ消去します。

サーバの設定によっては、消去時に多数決を取ります(そのとき、接続している人全員が対象)。 半数以上の賛同が得られた場合、もしくは全員の賛同が得られた場合に消去が実行されます。


TOPへ



炬燵制作委員会(笑)
Copyright H.Ayame - 2008